日本未病医科学会

日本未病医科学会は、未病医科学の学問体系の確立を目指す学術団体です。同学会は、臨床的予防医学ではなく論理的、科学的東洋型予防医学を研究しています。

未病は、東洋医学の概念ですが、統合医療も近代西洋医学と東洋医学、補完医療等の体系的治療ですので未病医科学なくして統合医療も存在しません。研究領域がかなり重なる部分が多いと思います。これからの活動を期待します。


名称:
日本未病医科学会

略称:
JOHC

英語名:
The Japanese Oriental Health Care Society

主たる事務所:
〒194-0022 町田市森野2-27-17 ブルーCP205
電話:042-785-5697

代表役員:
田口 匡紀
鍼灸師 柔整師
日本医療福祉学会幹事
日本未病研究学会理事
その他多くの医療系学会に所属


次に当学会の特殊性を説明します。
分科会組織について!

当学会は、チーム医療或いはチームによる研究の本質を徹底するために医療職種ごとの分科会を設けない事としています。また、医業界の現実は、階級社会、身分差別社会でもありますが、それらの是正も当学会の付帯活動事業としたいと考えます。


共同研究について!
会員の所属する機関には専門を同じくする研究者はすくなく共同研究者を探すことに苦労をすることがあります。そのようなときに、当学会は、共同研究機関である一般財団法人東京総合研究機構と協定を結んで共同研究者を推薦する制度を採用しています。


患者の意識調査について!
人は誰でもが医療機関に係った経験をもちます。誰でもが患者の意識調査の回答者になることができます。しかし、知人のみでは員数に限りがあり中々研究のサンプルを集めることが難しい場合があります。そんなときに、一般社団法人全国消費者協会と協力協定を結んでおりますので患者の意識調査研究等のために協力を求めることができます。但し審査があります。