統合医療研究

統合医療の必要性について!
現代医学はすさまじい発展を遂げています。がんも治せる疾病と言われる時もそう遠くないと考えます。しかし、それでも医療の世界はいろいろな問題を克服できずに暗礁に乗り上げているように映ります。特に、現代医学は生化学及び分子生物学という物理学を土台とした学問を基礎として成り立っています。ところが、その物理学は生命の存在を認めていないのです。生命の存在を認めていない物理学を土台としている現代医学に全面的に頼ってよいのか疑問を抱かざるにはいられません。現代医学の具体的な治療方法は対処療法によります。対処療法は、疾病の部分を部分的に治療します。その疾病の原因かもしれない身体の全体にまでは診ることはほとんどありません。ところが、現代医学とは少し趣を異にする伝統医学である東洋医学の治療方法があります。東洋医学では、病気の原因は身体全体にあり、身体全体が病み、その結果として体の部分に症状が出ると考えます。別の表現をすれば、現代医学は疾病の部分を診ますが、東洋医学は、病気の部分のみではなく体全体を診ます。その結果、病気の原因が患っている部分のみではなく他の部分の疾患により発症していることが分ったりすることがあります。しかし、東洋医学は宗教的だったり非科学的な治療方法を用いたりすることもあります。このように、現代医学の欠点と東洋医学の欠点を克服し、それぞれのよいとこ取りはできないかを考え、統合医療という概念が誕生したのです。

漢方の薬草、左から、母子草、ゲンノショウコ、月見草、吾亦紅、アザミ、合歓木

 統合医療とは、「現代の最先端西洋医学と伝統東洋医学とを統合した医療技術により総合的に治療する医療を言います。」(日本統合医療系連合学会HPより)この統合医療は、理想的医療として簡単に採用されるように思われますが、現代医学は東洋医学をほとんど認めていません。そして、東洋医学は宗教的迷信に走っていることが多々あります。従って、統合医療が理解されるためには現代医学の医療人は東洋医学に対する偏見を捨てなければなりません。東洋医学の医療人は、宗教的迷信を捨てなければなりません。両者が医療の限界を感じて歩み寄る努力をしなければ統合医療は発展して行かないでしょう。しかし、統合医療の必要性は、すぐそこまで来ていることだけは事実ですから医療人は心して理解に努める必要があると考えます。
 統合医療研究センターは、統合医療の必要性を強く認識し、統合医療の研究と普及に努めたいと考えます。


(一財)東京総合研究機構付属・日本統合医療系連合学会加盟
Integrated Medical Research Center
統合医療研究センター
事務局:〒194-0022 東京都町田市森野2-15-12 パレスヒルズ2F


日本未病研究団体連合
4月7日世界保健デーを「未病管理の日」に定め、「未病月間」4月と定めました。


日本統合医療系連合学会
日本未病研究学会・日本医療福祉学会・日本保健医療学会等で結成する統合医療を推進する学術連合体。


一般財団法人東京総合研究機構
自然科学、社会科学の学際を含んだ共同研究機関。11の研究機関が所属して共同研究を行っている。


厚生労働省運営



 神奈川県では、健康、未病を県を挙げて取り組んでいます。


平成30年度 「『統合医療』に係る医療の質向上・科学的根拠収集研究事業」に係る公募(2次公募)についてはこちらのホームページをご覧ください。